ED(勃起不全)というのは、いくら仲の良いカップルにとっても、それは大きな障害になることは間違いない。仲の良いことで有名だったカップルが突然終わりがくるように。その終わりという災難があなたに訪れるかも知れないのだ。カップルのマンネリ化は気持ちさえあれば解決出来る悩みであるが、EDは本当に付き合っていく上で危機となる。夜の営みも大事ということである。あなたは夜の営みを最近怠ってませんか?それは知らぬ間に、相手に不満を貯めているということは確実である。もしかして、自分はEDで、相手に相談することも、バイアグラを服用することもないのですか?あなたは解決出来る問題を、未解決の問題にしている。あなたが1人で抱え込んでいるEDという問題は、1人で抱え込むべき問題ではない。あなたにパートナーがいるなら、それは尚更である。 EDはバイアグラで治療をしたら、その問題は解決出来るのである。
付き合いが始まり、男だけが相手に出来ること、女だけが相手に出来ること、根本的なことをもう1度考えていただきたい。そしたら自分がバイアグラを服用して、男の威厳を取り戻そうという気になるのではないか?バイアグラがあなたをサポート出来れば、良い結果が期待出来る。 
 
 

今回は、私が実際にED治療を行った経験を礎に、バイアグラの素晴らしさを書こうと思います。
私が、初めて処方されたED治療薬はファイザー社のバイアグラです。
その時は、医者と薬剤師を通じ処方されたので、間違いなくファイザー社の物です。
バイアグラ初体験の時は、正直、自分は、自分がEDであって、ED治療を受けなければならない事態にあるということを、認めたくありませんでした。

それを認めるということは、同時に、自分が男として劣っていることを認めることと同じことですし、とても恥ずかしい事でした。
ですが、私が、大事な時に何もできないなんて、それを認めることもできなかった。
太宰治が小説で「イムポテンツ(ED)」という言葉を繰り返しているように、私は、EDという状態に陥っていながら、あえてED治療を行わずに、あえてEDという状態を受け入れていたのかもしれません。

自分は太宰治に対しては興味があり、自主的に研究を行っていましたが、彼の文学の「頼りなさ」は全て、「イムポテンツ(ED)」から来ていまして(主に、惜別や斜陽で顕著に現れています)、そのために、最終的に人間失格を書いて自殺するに至るまでに至ってしまったという事が、解りました。

また太宰治は、麻薬(アヘン系)やアルコールの大量摂取を行っていたので、とても健康的な作家であったとは言えませんね。
自分は、太宰治を通り越し、健康的な人間になるには、どうしたら良いのだろうか?
そう思い立った時に、「イムポテンツ(ED)」でなくなり、健康的な男性に成る事が第一だと思いました。
そして、まず思い立ったのが、バイアグラによるED治療です。
ED治療を行えば、EDでは無くなります。

しかし、まず、第一に、処方されるバイアグラが、薬理的効果が証明されたものでないと、なんとなく不安になりました。
そういった理由で、最初はあえて医者を頼りにして、ファイザー社のバイアグラを出してもらいました(日本の医者はバイアグラのジェネリックを出そうとしません)。
自分は今、バイアグラによるED治療を受けています。
太宰治の作品は、全て読みましたが、やはり彼は、全ての快楽に対しイムポテンツ(ED)であり、それが原因で歪んでしまったという感想を強く受けます。そういった彼の作品を読んだ上で、現代のバイアグラによるED治療を行える自分自身の生き方を、自問自答する日々が続いています。
 
動機 02/27/2011
 
私はバイアグラに興味があります。
というのも、最近親しい友人達がバイアグラを使っているからなんです。
会社の同僚の話では、彼女との性交渉の時にバイアグラを使ったり、地元の友人の話では、奥さんとの夜の生活にバイアグラを服用するとの事。
友人達の話で共通するのは、そのバイアグラの効果です。やっぱり強力なんですって。

特に地元の友人は、最近性機能障害の兆候が強くなってきていて、勃起不全と呼ばれる、あまり男性器が勃起しない状態になっていて、苦労しているという話をきいていました。そんな時に、勃起不全に効果のある、バイアグラという治療薬が、かなり効果を発揮してくれたと話してくれました。

人に中々言えない病気なので、改善して凄く嬉しそう。
そんな友人達の話をきいて、私も使ってみたいと思ったわけです。
まだ私は、ED といった症状ではないと思っているのですが、ただ年々歳を重ねるごとに、性機能が弱まって行く事は避けられません。
ただ私は、性機能がだんだん弱まって行くことを待つだけでなく、逆に強力になっていけないかと思っていて、友人達の話から、バイアグラを服用してみようという思いにたどり着きました。夢の薬、バイアグラについて、これから色々と調べたり体験して行こうと思います♪
 
 
妻を抱き締めながらバイアグラの効果を反芻していました。40を過ぎ、男としての自信をなくしてた私は、バイアグラを知ってから、人生が大きく変わったんです。よくありますよね、目の悪い人がコンタクトを作ったら「世界が変わった」みたいな話。まさに、あんな感じです。かくいう私もコンタクトをしていますが、まさか「人生が変わったな」と生きているうちに再び感じるなんて思ってもいませんでした。それくらいの凄さだったんです。
 
私はどこにでもいる冴えないセールスマンでした。日々予算という名のノルマに追われながら、上司とクライアントの狭間で仕事をしていたんです。ただやっぱり無理は良くないんですね、疲労はセックスにまで影響を及ぼしました。はじめのうちは早濡とか勃起不全(簡単にいえばインポテンツ)とか自分に縁のない話だと思っていたんですが、セックスが日々安定しなくなってきたんです。

早漏が続いたと思いきや勃起不全になったり、勃起不全が続き「あぁ、ついに俺も男じゃないんだ…」と思いきやまた早漏になったり。男の機能はまだあるようでしたが、心も体も疲弊しきっていたんです。

早漏やら勃起不全やらよくわからない症状は続き、セックスは満足にできないことが増えました。妻は、特に何も文句は言わない人でしたが「あなたが良かったらバイアグラを使ったら」なんて言うもんですから、すぐ手に入れましたよ。簡単にバイアグラが手に入るなんて良い時代になったと実感しました。

早漏も勃起不全も半ば仕方ないと諦めていた頃にバイアグラを服用したものですから、その効果には本当に驚かされました。勃起不全なんて絶対にありえないし、持続力もとんでもない。ベッドで妻がいつもより大きな声を出し、ぐっしょり濡れているのを見ると、どうしたって一回戦じゃ満足できないんです。長時間かけて二回戦、三回戦と望みながら、セックスってこんなに楽しいものだったのかとしみじみ思いました。とにかく、バイアグラ様さまですね。

もし早漏や勃起不全でセックスに悩んでいる人がいれば、私は真っ先にバイアグラの存在を教えてあげようと思います。だって人生、驚くほど変わりますもん。嘘じゃありませんよ。
 
 
自分は高校で保健体育を教えている教師である。高校教師というのは、読者諸君も想像するように、精力溢れる生徒と毎日のように接する職業だ。嫌というほど若さを感じ、自分の老け具合を感じ始めてはいるが、実にやりがいはある。

最近、保健の授業でよくありがちな「性」の話でまるまる一時間の授業が終わった。男女別に行っていたので、男子生徒の盛り上がりが止まらなかったのである。話はエイズから発展し、セックスやED、バイアグラなんてところまで広がっていった。調子に乗った生徒たちは「先生はEDだ」と冗談半分でからかったりもする。だが、自分がつい前まで本当にEDであったからなかなか笑えなかった。

教師になって20年くらいたった頃だろうか、まったく妻と夜を過ごさなくなった。そんな関係が数年続き、気づけば自分は使い物にならなくなっていたのである。いわゆるEDというやつだが、正直、保健体育教師ということもあり、ひどく落ち込んだ。浮気を始めたのか知らないが、妻は夜遊びが激しくなっていったし、いくら気合いを入れても自分は使い物にならない。悩んだあげく、医師の薦めもあり、自分はバイアグラに手を伸ばしたのである。

バイアグラの効果は、使った人間が一番よくわかると思った。EDでまったく役に立たなかったはずのペニスがいきり立ち、今まで遊んでいた妻の中で、まるで復讐しているかの如く暴れたからである。自分が自分じゃないようであった。妻は涙を流していたし、怒りなのか悲しみなのかわからないが、やけに興奮した自分はペニスを突き続けたのだ。妻が果てても自分はまだ果てない。EDを忘れ、二時間まるまるセックスできたのは確実にバイアグラのお陰である。とにもかくにも、自分は若返ったかのように、今はセックスを楽しんでいる。

昼間は生徒にからかわれる自分だが、夜は誰もからかうことはできないであろう。バイアグラを知ってからは、セックスが教師になりたての頃より楽しいとさえ感じている。ある意味、EDになったのは良かったかもしれない。そう、思ってしまうほどなのだ。バイアグラ、人生のよきパートナーである。
 
 
私がバイアグラをよく知ったのは最近のことでした。インターネットや雑誌などでよく見かけるバイアグラ、今まで何となく意識せず過ごしてきたのですが、私の友人がインポテンツとなり、ついに先日、実物を見ることになるのです。友人がインポテンツになった原因は、システムエンジニアという忙しい仕事などでくる肉体的な要因と、奥さんが若すぎるという劣等感からくる精神的な要因の二つでした。

仕事が忙しいのはさておき、奥さんが若いことがストレスになるなんて妬ましい話でもありましたが、私がなぜストレスなのかと尋ねると、彼は頻繁に夜の生活を求めてくるからだと答えました。それは確かにそうで、50代半ばにさしかかる私たちに比べ、30代の奥さんは専業主婦ということもあり、性欲旺盛だったのです。何事も強制されるとうまくいかないといわれますが、私の友人の場合、それが夜の夫婦生活に作用し、インポテンツとなってしまったのでしょう。

友人は、インポテンツになったことよりも、奥さんを悲しませることに非常に気を使っていました。世間的に見れば文字通りおしどり夫婦だったこともそれに拍車をかけます。そんなこともあり、友人は比較的早い段階でバイアグラを検討し、服用し始めました。ちょうど服用をし始めた週末だったでしょうか、友人から電話が来たのです。もちろん、内容はバイアグラの効果について。

思ったよりすごいんだなバイアグラって。驚いたよ、もはやインポ知らずだな。
 
開口一番、友人は嬉しそうにこう言い、報告を始めます。話によれば、毎晩どんなに遅くなってもバイアグラを服用することで、インポテンツが解消され夜の夫婦生活が営めるということでした。しかも、内容も非常に濃いとのこと。聞くのも躊躇われるような熱い内容だったと記憶します。 

後日、たった数錠ですが、バイアグラを友人が見せてくれました。普通の薬と変わらず、見たからといって何か話のネタになるいったものでもありません。ただ私は、その時が来たら必ずバイアグラを使おうと、心に決めたのです。
 
 
正直、自分には自信がありました。若い頃から女性にはもてたし、ガールフレンドが途切れるということなんてありえませんでした。二人の男女が体を重ね乱れるその行為は、私のエネルギーの源でもありましたし、快楽に終わりはなかったのです。私は、日々最高のセックスを求め、野獣のように過ごす肉食系でした。

ただ、そんな私も三十路を迎えるにつれ、仕事が忙しくなり、なかなか女性に近寄ることが難しくなってきたのです。セックスはもちろんデートすらない、そんな日々を過ごしていた矢先、私は男のプライドをズタズタにされる経験をしました。

それは高校の同窓会。独身の女が、ホテルに誘ってくれたことがすべての始まりです。歳のわりにスタイルが良い彼女を前に、胸を高鳴らせてはいたのですが、久々だったせいか、私のモノは萎縮。その時、ふと彼女は「あぁもうEDなんだ」と呟いたのです。それ以来、私は完全に自信を無くしました。EDは年寄りだけのものかと思いましたが、そうではなかったのです。
 
ED…まるでお前は男じゃないんだと言われるようでした。もう女性には近づけないし、セックスする勇気が生まれません。EDであることがバレないよう隠すことに必死になりました。以前とは180度違う私がいたのです。

EDの原因をつきとめるために、沢山勉強しました。すぐにバイアグラが良いとわかったのですが、当時はバイアグラを詳しく知りませんでした。ただ、やはりダメ元で挑戦してみたのです。

はじめは、一人で使いました。出社前に何となく飲んでみましたが、実はそれは大きな間違いでした。通勤時、股間が大きくなってきてしまったのです。慌てて途中下車し、トイレでモノをベルトで抑えるようにして出勤することになりましたが、バイアグラがこんなに効果を発揮するとは思いませんでした。
 
それからです。徐々に私は元の自分を取り戻すことができました。バイアグラを使いEDを克服、またセックスを楽しめる時がきたのです。自分でいうのもあれですが、私は、女性に不満を抱かせませんでした。むしろ、女性が早く力尽きてしまうといって謝るくらいです。バイアグラを服用することは何も恥ずかしくありません。むしろウジウジしていた服用前の自分の方がよほど恥ずかしい。

そういえば、最近また同窓会に呼ばれました。バイアグラとともに出かけてこようと思います。本当に、お世話になりました。
 
 
バイアグラって何のためにあるんだろう?そう疑問に思うのが大半の女 の意見だろう。でも考えてみてほしい。本当に相手への愛が高まり過ぎたら、それは男も女も関係無く、セックスをしたいと望むはずだ。でもあんたの愛する男 はED(勃起障害)で悩んでいるかも知れない。愛する人とセックスをするために、EDをバイアグラで治療をする。バイアグラは別にただの精力増強剤とは違 うんだ。

でも、あんたの愛する男も人間っていうことを忘れてはいけない。自分のEDが解消されたら遊びたくなる気持ちは絶対あるってこと。だってあんたも自分のコンプレックスが無くなったら、空を飛べないのに空も飛べる気持ちになるだろう?美容整形とEDは、周りから見たらわかるかわか らないかの違いで、根本的には似ていると俺は思うんだ。

ED知らずになった、空も飛べるような気持ちになっている男は、あんたとは違う女に刺激を求めるようになるはずだ。 次の夜の女はあの子かな?と品定めしていると思う。

でも、バイアグラが原因でこんな事にはなって欲しくない。このような便利なものは造られた時と、今とで使われ方が変わってくる。バイアグラを造った人もこのような目的で造ったはずではないはずだ。

男 が男を代表して、世の男たち(あんたの男にも)に言ってやる。バイアグラはEDの治療薬。でもEDが治った後のことも真剣に考えて欲しい。最初の目的は何 だったんだ?人間は初心をすぐに忘れるから、下らない生き物だ。一番愛する人と身体を繋げるためだろ?心が繋がらないような寂しいことはするなよ。これは 俺からのお願い。
 
 
精神疾患を治療する薬は、主に、
  1. 抗不安薬(マイナートランキライザー)、
  2. 抗精神病薬(メジャートランキライザー)、
  3. 抗うつ剤、4、睡眠導入薬 の4種がありますが、1を除く

2~4の薬はEDになり易いと言われており、実際に現在、ほとんどの心療内科ではED治療が行われています。しかし、少し考え方を変えてみますと、バイアグラによるED治療が確立される前の精神疾患の患者はとても性的に不利な立場に立たされていました。映画「ビューティフルマインド(2001年、アカデミー賞作品賞を含む4部門を受賞)」において、主人公であるジョン・ナッシュ(実在するノーベル経済学賞受賞者(1994年))が、統合失調症を発病し、抗精神病薬(メジャートランキライザー)を大量に服用する日々を送り、それが原因でEDになり、パートナーに辛い思いをさせるシーンが登場します。少し雑学的分野になりますが、抗精神病薬(メジャートランキライザー)のほとんどは、神経伝達物質であるドパミンの伝達を阻害します(アンタゴニスとして作用します)。ドパミンの伝達が阻害されてしまうと、性的刺激を含む刺激に対よって脳が興奮しなくなってしまうため、ほぼ必ずと言っていいほどEDになります。モルヒネの副作用で便秘になる確率と等しいといっても過言ではありません。抗精神病薬ほど酷くはありませんが、3.坑うつ剤もEDになる薬として大変有名です。最も有名な坑うつ剤であるイーライリリー社のプロザックを例にすれば、プルザックはSSRIという種類の坑うつ剤で、神経伝達物質のセロトニンの脳内濃度を高めます。男性の勃起は、セロトニンの濃度がノルアドレナリンの濃度に対し極端に低い状態(精神的には、興奮状態でやや攻撃的な状態)でおきるので、プロザックを服用していると極端にEDになり易いです。私と個人的交友がある人の中で、精神疾患を患っている人は多いですが、男性の場合、ほとんどEDになってしまっています。精神を病んで、さらにEDになって、さらに精神を病むのですから、踏んだりけったりですね。

こんな状況を防ぐために、精神疾患を患っている男性は、ED治療のためバイアグラの服用が必須と言っても過言ではないと思います。