自分は高校で保健体育を教えている教師である。高校教師というのは、読者諸君も想像するように、精力溢れる生徒と毎日のように接する職業だ。嫌というほど若さを感じ、自分の老け具合を感じ始めてはいるが、実にやりがいはある。

最近、保健の授業でよくありがちな「性」の話でまるまる一時間の授業が終わった。男女別に行っていたので、男子生徒の盛り上がりが止まらなかったのである。話はエイズから発展し、セックスやED、バイアグラなんてところまで広がっていった。調子に乗った生徒たちは「先生はEDだ」と冗談半分でからかったりもする。だが、自分がつい前まで本当にEDであったからなかなか笑えなかった。

教師になって20年くらいたった頃だろうか、まったく妻と夜を過ごさなくなった。そんな関係が数年続き、気づけば自分は使い物にならなくなっていたのである。いわゆるEDというやつだが、正直、保健体育教師ということもあり、ひどく落ち込んだ。浮気を始めたのか知らないが、妻は夜遊びが激しくなっていったし、いくら気合いを入れても自分は使い物にならない。悩んだあげく、医師の薦めもあり、自分はバイアグラに手を伸ばしたのである。

バイアグラの効果は、使った人間が一番よくわかると思った。EDでまったく役に立たなかったはずのペニスがいきり立ち、今まで遊んでいた妻の中で、まるで復讐しているかの如く暴れたからである。自分が自分じゃないようであった。妻は涙を流していたし、怒りなのか悲しみなのかわからないが、やけに興奮した自分はペニスを突き続けたのだ。妻が果てても自分はまだ果てない。EDを忘れ、二時間まるまるセックスできたのは確実にバイアグラのお陰である。とにもかくにも、自分は若返ったかのように、今はセックスを楽しんでいる。

昼間は生徒にからかわれる自分だが、夜は誰もからかうことはできないであろう。バイアグラを知ってからは、セックスが教師になりたての頃より楽しいとさえ感じている。ある意味、EDになったのは良かったかもしれない。そう、思ってしまうほどなのだ。バイアグラ、人生のよきパートナーである。
 


Comments




Leave a Reply