今回は、私が実際にED治療を行った経験を礎に、バイアグラの素晴らしさを書こうと思います。
私が、初めて処方されたED治療薬はファイザー社のバイアグラです。
その時は、医者と薬剤師を通じ処方されたので、間違いなくファイザー社の物です。
バイアグラ初体験の時は、正直、自分は、自分がEDであって、ED治療を受けなければならない事態にあるということを、認めたくありませんでした。

それを認めるということは、同時に、自分が男として劣っていることを認めることと同じことですし、とても恥ずかしい事でした。
ですが、私が、大事な時に何もできないなんて、それを認めることもできなかった。
太宰治が小説で「イムポテンツ(ED)」という言葉を繰り返しているように、私は、EDという状態に陥っていながら、あえてED治療を行わずに、あえてEDという状態を受け入れていたのかもしれません。

自分は太宰治に対しては興味があり、自主的に研究を行っていましたが、彼の文学の「頼りなさ」は全て、「イムポテンツ(ED)」から来ていまして(主に、惜別や斜陽で顕著に現れています)、そのために、最終的に人間失格を書いて自殺するに至るまでに至ってしまったという事が、解りました。

また太宰治は、麻薬(アヘン系)やアルコールの大量摂取を行っていたので、とても健康的な作家であったとは言えませんね。
自分は、太宰治を通り越し、健康的な人間になるには、どうしたら良いのだろうか?
そう思い立った時に、「イムポテンツ(ED)」でなくなり、健康的な男性に成る事が第一だと思いました。
そして、まず思い立ったのが、バイアグラによるED治療です。
ED治療を行えば、EDでは無くなります。

しかし、まず、第一に、処方されるバイアグラが、薬理的効果が証明されたものでないと、なんとなく不安になりました。
そういった理由で、最初はあえて医者を頼りにして、ファイザー社のバイアグラを出してもらいました(日本の医者はバイアグラのジェネリックを出そうとしません)。
自分は今、バイアグラによるED治療を受けています。
太宰治の作品は、全て読みましたが、やはり彼は、全ての快楽に対しイムポテンツ(ED)であり、それが原因で歪んでしまったという感想を強く受けます。そういった彼の作品を読んだ上で、現代のバイアグラによるED治療を行える自分自身の生き方を、自問自答する日々が続いています。
 


Comments

Sun, 10 Apr 2011 05:33:53

管理人 様

「アイ薬」個人輸入代行のアフィリエイト担当の吉田と申します。

http://www.i-kusuri.jp/index.php?ref_id=1004908

御サイトを拝見させていただき、
是非、弊社サイトのアフィリエイト・プログラムへの
参加をいただければと思いメールをさせていただきました。

当サイトでは、ダイエット、育毛剤、ED治療薬等の商品を扱っております。
サイト開設より、多くのお客様にご好評をいただき、6年が経ちました。
「とにかく稼げる」と絶賛いただいているアイ薬のプログラムは、定評のある品揃え、
アフィリエイター様に儲けていただける高額な報酬率設定、そして安心な支払いシステム、
この3点を柱として実績を積み上げて参りました。
なお、弊社サイト以外にもアフィリエイト・プログラムを行っているところがありますが
弊社では、他ではない最初の1ヶ月の報酬率を30%と設定させていただいております
弊社の平均商品価格が約2万円になりますので、最初の1ヶ月は、注文1件で報酬が6000円になります。
また、2ヶ月目からは通常の12%になりますが、
御サイトよりの注文数により報酬率アップを検討させていただきます。
もし、少しでもご興味を持っていただけたのでしたら

是非、アフィリエイト・プログラムへの参加をしていただければと思います。

アフィリエイト・プログラムへの参加の詳細はサイト上に掲載しております。

http://www.i-kusuri.jp/affiliate.php

なお、ご不明な点、質問などがございましたらお知らせくださいませ。

ご検討よろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

 



Leave a Reply