今回は、私が実際にED治療を行った経験を礎に、バイアグラの素晴らしさを書こうと思います。
私が、初めて処方されたED治療薬はファイザー社のバイアグラです。
その時は、医者と薬剤師を通じ処方されたので、間違いなくファイザー社の物です。
バイアグラ初体験の時は、正直、自分は、自分がEDであって、ED治療を受けなければならない事態にあるということを、認めたくありませんでした。

それを認めるということは、同時に、自分が男として劣っていることを認めることと同じことですし、とても恥ずかしい事でした。
ですが、私が、大事な時に何もできないなんて、それを認めることもできなかった。
太宰治が小説で「イムポテンツ(ED)」という言葉を繰り返しているように、私は、EDという状態に陥っていながら、あえてED治療を行わずに、あえてEDという状態を受け入れていたのかもしれません。

自分は太宰治に対しては興味があり、自主的に研究を行っていましたが、彼の文学の「頼りなさ」は全て、「イムポテンツ(ED)」から来ていまして(主に、惜別や斜陽で顕著に現れています)、そのために、最終的に人間失格を書いて自殺するに至るまでに至ってしまったという事が、解りました。

また太宰治は、麻薬(アヘン系)やアルコールの大量摂取を行っていたので、とても健康的な作家であったとは言えませんね。
自分は、太宰治を通り越し、健康的な人間になるには、どうしたら良いのだろうか?
そう思い立った時に、「イムポテンツ(ED)」でなくなり、健康的な男性に成る事が第一だと思いました。
そして、まず思い立ったのが、バイアグラによるED治療です。
ED治療を行えば、EDでは無くなります。

しかし、まず、第一に、処方されるバイアグラが、薬理的効果が証明されたものでないと、なんとなく不安になりました。
そういった理由で、最初はあえて医者を頼りにして、ファイザー社のバイアグラを出してもらいました(日本の医者はバイアグラのジェネリックを出そうとしません)。
自分は今、バイアグラによるED治療を受けています。
太宰治の作品は、全て読みましたが、やはり彼は、全ての快楽に対しイムポテンツ(ED)であり、それが原因で歪んでしまったという感想を強く受けます。そういった彼の作品を読んだ上で、現代のバイアグラによるED治療を行える自分自身の生き方を、自問自答する日々が続いています。
 
 
妻を抱き締めながらバイアグラの効果を反芻していました。40を過ぎ、男としての自信をなくしてた私は、バイアグラを知ってから、人生が大きく変わったんです。よくありますよね、目の悪い人がコンタクトを作ったら「世界が変わった」みたいな話。まさに、あんな感じです。かくいう私もコンタクトをしていますが、まさか「人生が変わったな」と生きているうちに再び感じるなんて思ってもいませんでした。それくらいの凄さだったんです。
 
私はどこにでもいる冴えないセールスマンでした。日々予算という名のノルマに追われながら、上司とクライアントの狭間で仕事をしていたんです。ただやっぱり無理は良くないんですね、疲労はセックスにまで影響を及ぼしました。はじめのうちは早濡とか勃起不全(簡単にいえばインポテンツ)とか自分に縁のない話だと思っていたんですが、セックスが日々安定しなくなってきたんです。

早漏が続いたと思いきや勃起不全になったり、勃起不全が続き「あぁ、ついに俺も男じゃないんだ…」と思いきやまた早漏になったり。男の機能はまだあるようでしたが、心も体も疲弊しきっていたんです。

早漏やら勃起不全やらよくわからない症状は続き、セックスは満足にできないことが増えました。妻は、特に何も文句は言わない人でしたが「あなたが良かったらバイアグラを使ったら」なんて言うもんですから、すぐ手に入れましたよ。簡単にバイアグラが手に入るなんて良い時代になったと実感しました。

早漏も勃起不全も半ば仕方ないと諦めていた頃にバイアグラを服用したものですから、その効果には本当に驚かされました。勃起不全なんて絶対にありえないし、持続力もとんでもない。ベッドで妻がいつもより大きな声を出し、ぐっしょり濡れているのを見ると、どうしたって一回戦じゃ満足できないんです。長時間かけて二回戦、三回戦と望みながら、セックスってこんなに楽しいものだったのかとしみじみ思いました。とにかく、バイアグラ様さまですね。

もし早漏や勃起不全でセックスに悩んでいる人がいれば、私は真っ先にバイアグラの存在を教えてあげようと思います。だって人生、驚くほど変わりますもん。嘘じゃありませんよ。
 
 
私がバイアグラをよく知ったのは最近のことでした。インターネットや雑誌などでよく見かけるバイアグラ、今まで何となく意識せず過ごしてきたのですが、私の友人がインポテンツとなり、ついに先日、実物を見ることになるのです。友人がインポテンツになった原因は、システムエンジニアという忙しい仕事などでくる肉体的な要因と、奥さんが若すぎるという劣等感からくる精神的な要因の二つでした。

仕事が忙しいのはさておき、奥さんが若いことがストレスになるなんて妬ましい話でもありましたが、私がなぜストレスなのかと尋ねると、彼は頻繁に夜の生活を求めてくるからだと答えました。それは確かにそうで、50代半ばにさしかかる私たちに比べ、30代の奥さんは専業主婦ということもあり、性欲旺盛だったのです。何事も強制されるとうまくいかないといわれますが、私の友人の場合、それが夜の夫婦生活に作用し、インポテンツとなってしまったのでしょう。

友人は、インポテンツになったことよりも、奥さんを悲しませることに非常に気を使っていました。世間的に見れば文字通りおしどり夫婦だったこともそれに拍車をかけます。そんなこともあり、友人は比較的早い段階でバイアグラを検討し、服用し始めました。ちょうど服用をし始めた週末だったでしょうか、友人から電話が来たのです。もちろん、内容はバイアグラの効果について。

思ったよりすごいんだなバイアグラって。驚いたよ、もはやインポ知らずだな。
 
開口一番、友人は嬉しそうにこう言い、報告を始めます。話によれば、毎晩どんなに遅くなってもバイアグラを服用することで、インポテンツが解消され夜の夫婦生活が営めるということでした。しかも、内容も非常に濃いとのこと。聞くのも躊躇われるような熱い内容だったと記憶します。 

後日、たった数錠ですが、バイアグラを友人が見せてくれました。普通の薬と変わらず、見たからといって何か話のネタになるいったものでもありません。ただ私は、その時が来たら必ずバイアグラを使おうと、心に決めたのです。